福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業許可申請サポートセンター

 050-3748-3603

[受付時間:平日9:00〜21:00]

日経連が書類削減

更新日:

「スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士」の光岡です。
このブログは、建設業に従事する皆様を応援していく一環として、綴って参ります。
多くの皆様に読んでいただければ、とてもうれしいです。

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
建設・不動産ランキング
建設・不動産ランキング
ポチッと押していただけると、ブログのモチベーションが超上がります!

すべての公共発注者の提出書類統一も視野に

官公庁その他への提出書類などは面倒なものですね。
日本建設業連合会は東日本、中日本、西日本の高速道路3社とともに、受注者が発注者に提出する書類の削減を進めようとしています。

建設業務受注者から、とくに提出書類の量が多いと言われている「高速道路3社の工事」については、日建連が実施したアンケート調査や日建連と国交省の地方整備局などとの意見交換会でもその指摘が多いようです。

このような現状を鑑み、高速道路3社と日建連双方で実務者全体会議」に専門部会を設置して、改善に向けた検討を進めているわけです。

高速道路3社では、すでに工事管理支援システムをパージョンアップして生類削減が進んでいます。加えて、紙の書類と電子データの二重提出の解消など、さらなる削減の方法についても実施準備を進めているようです。

 

建設業の受注者が書類削減により目指すゴールは、すべての公共発注者における提出書類の統一ということです。
提出書類の書式が統一されると、自ずと社内書類も簡素化が可能になります。社内書類に入力することで、様々な提出書類が作成できれば、業務効率は格段に上がりますね。

お問い合わせ

-

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2017 All Rights Reserved.