福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業許可申請サポートセンター

 050-3748-3603

[受付時間:平日9:00〜21:00]

Q1建設業許可が必要な理由は?

更新日:

「スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士」の光岡です。
このブログは、建設業に従事する皆様を応援していく一環として、綴って参ります。
多くの皆様に読んでいただければ、とてもうれしいです。

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
建設・不動産ランキング
建設・不動産ランキング
ポチッと押していただけると、ブログのモチベーションが超上がります!

「建設業許可が必要な理由」とは

建設業許可は、建設工事の適正な施工の確保と発注者の保護を最大の目的としています。建設業法は、不適正な建設業者から発注者を守るため制定されたものなのです 。

この目的を達成するために、建設業は許可制に変わったのです。家を建築する、駐車場を建設するといったケース等では 、一定以上の工事を施工するにあたって「建設業許可」を取得することが必須となったわけです 。建設業許可は、建設業法で規定されています。

これは、一定の技術的な資格や財産的基礎を備えた者に、国や都道府県が建設業を営む許可を与える制度なのです。建築物や土木工作物に、手抜き工事や粗雑工事などがあっても、完成後すぐに認識するのは大変困難なことです。何年か経たなければ 、発注者は使用に耐えるものか否か判断できません。

それ故に工事を発注する前に、一定の基準を満たしている施工業者を選択し、手抜き工事などを未然に回避することが重要です。まず、このために建設業許可が存在するのです 。許可要件の中の営業所ごとに置く「専技術者」によって、技術力のあることが確認されます 。

一定の資格や経験を持つ人しか「専任技術者」として認められませんから、適正な施工が確保されるわけです。建設業法では 、専任技術者と同等の技術力のある配置技術者を現場ごとに置くことを義務づけ、さらに、技術検定制度を設け、施工技術の確保と向上に努めています。

また、建設中または完成後に 、施工業者が倒産してしまったらどうなるのでしょうか。通常、家を建築する場合 、施工業者と請負契約を結んだ場合、最初に手付金を、施工 中には中間金を、完成後に残金を支払うという流れになります。しかし、手付金、中間金を支払ったからといって、必ずしも施工が完了するかどうかは担保されているわけではありません。

また、完成後、不具合が生じ、手直ししてもらおうとしても、施工業者が倒産しているかもしれません。このような事態を回避し、発注者を保護するために建設業許可が設けられたのです。

許可要件の中の「財産的基礎」がそれです。同じように「経営業務の管理責任者 」もそれに該当します。ある一定以上の資産があり、建設業の経営経験が 一定期間以上ないと許可は取得できないので、発注者も安心して工事を任せることができるというわけです。

そのほか、建設業法は 、適正な請負契約の義務づけなどによる下請業者の保護、建設工事紛争審査会の設置、建設業の経営事項審査、建設業および建設業団体に対する指導監督制度など、あらゆる方法で建設工事の適正な施工の確保や発注者の保護、建設業の健全な発達を促進しています。

お問い合わせ

-

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2017 All Rights Reserved.