福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業は現金回収

代金の回収

建設業の下請け会社の弱みとして「売上が現金で回収できない」ことがあげられます。
比較的恵まれていても、半分手形、半分現金ではないでしょうか。
手形の条件も末締め、翌月末支払いで、手形サイトも3ヶ月など、なかなか現金になりません。

支払もとである建設業務の元請の経営状況も厳しいなかで、下請け会社はたいへん大きなリスクにさらされているのです。
この状況の打破が課題なのです。

代金は現金で回収

建設業の仕事を下請で仕事を受注すると、売上が現金に変わるまで時間がかかり、それはまぎれもなく大きなリスクです。
しかし、元請として仕事を受注するとどうでしょうか。
現金で支払われたことが多いのではないでしょうか。

建設専門工事の有利なところは、全体工事の一部を担当するため、仕事の期間が短いことです。つまり代金請求も早くできます。
さらに直接元請として受注すれば、現金で支払ってもらえます。

このように、専門工事業者として元請で受注すれば、経営上はたいへん有利なのです。

お問い合わせボタン


※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 建設業許可申請サポートセンター All Rights Reserved.