福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

実行なくして結果なし

■継続がポイント

いかに詳細な計画をたてても、実行しなければ成果はでません。これは当然のことです。しかし、計画作成しただけで、すでに何かを実行した気になってしまう建設会社の経営者はけっこういるものです。計画立案後は実行あるのみということを強く意識してください。

次に、問題なのは結論を早く出しすぎるということです。チラシの折り込みを1、2回やって反響がでないからといって、「チラシはだめだ。」と結論づけて、やめてしまったりします。本当は、チラシのデザインやコピーが効果的でなかったり、折り込む地域を間違っていたりしていたのかもしれません。戦術の効果の有無の判断も、タイミングがあるのです。

■専門性を意識する

小規模の建設会社が、様々な工種を扱うようになっても、あまりいい結果はでないでしょう。建設業の専門工事を武器に売上、利益を拡大させるのが最善策です。この専門分野なら大手企業に負けないスキルがあるといえるようにしたいものです。それにより、地域ナンバーワンとなって、下請け建設会社から元請へと転身できるのです。

お問い合わせボタン


※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 建設業許可申請サポートセンター All Rights Reserved.