福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

福岡の建設物としての駅舎

○建設物としての福岡の西鉄柳川駅
かつての福岡・柳川駅は、アクセスの不便さなどが目立ち、利便性を考慮した改修が必要とされていました。そこで、「西鉄柳川駅周辺地区デザイン検討会議」が組織されて、西鉄と福岡県柳川市が協力して動きました。現在の柳川駅舎は、階段屋根です。福岡県柳川市と言えばどんこ舟が有名です。そのどんこ舟をモチーフに5段のそり屋根で建造されています。また木材は福岡県は八女産の木材を使用しています。「みんなの居場所」をテーマに駅舎は建設されたのです。

○福岡の西鉄柳川駅の個性的なポイント
①駅舎は全面ガラス張りで採光が効率的です。改札口を出るとスペースが広く、ゆったりした空間が感じられます。
②東西エリアからアクセスできる自由通路によって、駅前広場の混雑も解決しています。
③駅前広場には、魅力的な街灯やストリートファニーチャーが設置されていて、その魅力を発揮しています。
④福岡の西鉄柳川駅舎は、その内部において証明はすべてLEDをしようしており、経済効率をあげています。

お問い合わせボタン


※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 建設業許可申請サポートセンター All Rights Reserved.