Chapter4 建設業の利益アップの方法 建設業の利益の仕組み

建設業と値引き

投稿日:

■建設業で常態化する値引き

小規模建設会社では、値引きが頻繁に行われます。建設業界の特徴と言えます。
下請けの建設会社は、元請会社の指示で価格決定することが常態化しているようです。

しかし、元請指示の価格が粗利益を確保できなければ、その工事は受注しないという判断も大切です。

施主さんからの直接受注する建設会社の場合でも、競合との比較から、値引き止むなしの場合もあります。

値引きが仕方ないケースでも、原価や粗利益の確保を意識し、慎重に検討することが大切です。

■安易に値引きしない社内ルールを設定

粗利益が著しく低い建設工事は、受注前に社長決裁をとるなどのルールを設定しましょう。

これにより、安易値引きや低価格工事の受注を回避することができます。
継続することで、年間を通じての粗利益の確保が可能となります。

-Chapter4 建設業の利益アップの方法, 建設業の利益の仕組み

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2017 All Rights Reserved.