Chapter4 建設業の利益アップの方法 建設業の利益の仕組み

建設業の予算立案方法

更新日:

■建設業の原価管理のポイント

建設業の原価管理のポイントを以下に示します。
①期首には当該年度の予算を策定しておく。
②緻密な予算とする。
③受注において社長・幹部の決算を仰ぐ。
④外部の建設協力会社とは、事前打ち合わせを行い、契約する。
⑤建設業種、建設業者など分野をわけて管理する。
⑥予算を注視しつつ、支出管理をする
⑦発生原価とその対象の工事の内容を比較しつつ、建設工事完成と最終原価の確定を行う。

上記は、原価を押さえていくための基本的な業務の流れと言えます。

■予実算管理のクオリティは人で変る

予実算管理がうまくできるか否かは、担当者によって変ります。
しっかりと管理できる人が担当者であれば、当然、建設会社の利益確保に結びつきます。
しかし、管理できない人が担当者であれば、支出の増大、利益のロスなど不都合が生じます。

もし、管理できない人が担当者という場合には、担当者を変更するか、現担当者に利益確保を意識してもらうような指導・教育が必須となります。

-Chapter4 建設業の利益アップの方法, 建設業の利益の仕組み

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2017 All Rights Reserved.