福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

直前3年の各事業年度における工事施工金額

■直前3年の各事業年度における工事施工金額の記載方法について

「直前3年の各事業年度における工事施工金額」は、申請日から直前3年の事業年度に完成した、請負工事の代金を記載します。この書類も、更新申請の場合は、作成する必要がありません。

❶経営事項審査を受ける場合は、「税抜」に○を、「経営事項審査を受けない場合は」「税込み」に○をつけます。

❷申請日の直前の決算期から起算して、過去3年間」の事業年度を記載します。個人の場合は、1月1日〜12月31日、法人であれば定款に定められた事業年度を確認してください。

❸この申請で受けようとする工種についてそれぞれ工種の名称を記載します。枠が4種分しかありませんので、それを超える場合は、同じ様式を使用して、すべて記載しなければなりません。

❹発注者から直接請け負った場合は、「元請」欄。他の建設会社から請け負った場合は、「下請」欄に1000円未満を切り捨てて記載します。「元請」の場合は、さらに「公共と」「民間」とに区分します。

❺この欄は、500万円(建築一式工事1500万円)未満の工事、つまり軽微な工事を行った場合の金額を記載します。

❻この枠に入る直前年度の合計金額は、損益計算書の完成工事高と一致しなければなりません。

工事施工金額

お問い合わせボタン


※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 建設業許可申請サポートセンター All Rights Reserved.