福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

経営改善に着手する

経営改善のチャンス

東京オリンピックが終了すると、建設業を取り巻く環境は大きく変化すると思われます。。予測は難しいですが、厳しいものになっていくかもしれません。

全体的には、人口減少の影響などで国内の建設市場は縮小方向に推移していくように思われます。そうなった場合、相変わらずの低収益、低賃金、人材不足の建設会社は事業を継続できるのでしょうか。

激しい生存競争が起こることは避けられないのではないでしょうか。もう、景気が悪いとか、いろいろな理由付けをしたところで始まりません。

構造的な低利益は建設会社や建設関連企業における共通の問題です。さらに、借入金等の資金繰りが厳しいことも問題です。

最優先の解決事項が低利益体質からの脱却です。

オリンピックに向けて建設業に追い風が吹いてる今こそ、将来に向けた経営改善を実施するいいタイミングなのです。

危機感を持って、変化することを恐れず改善に着手するのが好ましいでしょう。
オリンピック以降も継続して成長するには、経営改善に踏み出すことが重要なのです。

そのために、自社の現状分析を行い、正しい現状認識と目標設定をしっかりとやる必要がありますそうすることで、現実の実行プランを策定できます。

お問い合わせボタン


※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 建設業許可申請サポートセンター All Rights Reserved.