福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

数字の粉飾

赤字回避のため横行する粉飾決算

建設業では赤字受注も散見されるが、決算まで赤字でというのはいけません。
赤字受注が原因で、会社の利益が低下し、会社の決算が赤字になれば、公共工事の入札ランクとリンクする経営事項審査も自ずと奮いません。

さらに、決算が赤字であれば、金融機関にも冷ややかな態度をとられがちです。結果として、建設会社の経営者が粉飾決算にうってでることがあり得ます。。

他の業界と比しても、建設会社は赤字決算を回避したがる傾向があるようです。赤字なのに、黒字を演出し、税金を払い、その代わりに、経営事項審査の点数を高くし、金融機関からの評価をさげないようにしているのです。

これは、中長期的には経営のいびつさが露呈します。そもそも、粉飾決算そのもがいけませんが。

お問い合わせボタン


※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 建設業許可申請サポートセンター All Rights Reserved.