福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

利益を上げるという意識

意味のない実行予算書

建設会社は工事ごとに「実行予算書」を作成するのが一般的です。しかしながら、残念なことに進捗状況等をしっかり管理している会社はまれです。

建設会社は業務上、見積書を作成します。一般的に現場の各種原価を算出する積算を行います。受注後には「実行予算書」を作成し、これを下請け業者との金額交渉の基礎とします。精度かかなり高いものです。

しかし、ほとんどの建設会社は「実行予算書」を活かせていません。まず、正しくつくられていないことが多いようです。
そうした実行予算書は、最初から利益など考慮されず、シビアな仕入れ交渉もなく、結果として、低い利益額のままに仕上がっています。

実行予算書は建設会社の工事担当者が作成しますが、利益が低くてもといって工事部門が悪いわけではありません。営業が正式に受注額を決めずに工事が進行して利益が低くなってしまった場合や、明らかに厳しい金額で受注しているため、受注金額が厳しく、工事部門の力ではどうしようもない場合もあります。

結局は、実行予算書の作成を適切に行う前提として、建設会社の受注の判断軸、営業から工事部門のコミュニケーション、業者への発注方法など会社全体で整えるべき事項がたくさんあるのです。

お問い合わせボタン


※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 建設業許可申請サポートセンター All Rights Reserved.