福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

社内活性化

社内コミュニケーションの不足

社内コミュニーケーションの不足は、業績悪化の要因であることは確実です。

まず、建設業の経営者と社員の意思疎通が見られません。
会社の業績が奮わない理由を経営者に聞けば「社員が悪い」となり、社員に聞けば「社長がわかっていない」となるのです。
責任は、経営者にあるのです。経営者が会社の基本的な考え方、経営環境等を社員に、十分理解させていないことが問題なのです。

そもそも、建設会社の経営者はワンマンなタイプが多いようです。経営者は、一般的な経営者としての仕事に追われます。また、経営者も経営の舵取りに不安もあります。

社員同士のコミュニケーション不足もあります。
建設の仕事を受注する営業サイド、工事を進める現場サイド、この2つの部門のコミュニケーションが希薄な例は多いのです。

そのため営業が発注者と打ち合わせた細かかな事項が工事部門に伝わらず、やがてトラブルをまねくのです。

コミュニーケション不足がもとで、社内の従業員の情報共有がなく、勝手な動きにより無駄ばかりが起こるということが散見されます。また、経営者はこの現状を把握できず、管理職や建設担当者の責任と考えていたりします。

社員教育や原価管理は単なる手段

社員教育と原価管理を改善すると経営は上向く可能性があります。しかし、これらは手段に過ぎず、根幹となるベースとして、社内コミュニケーションの活性化が重要なポイントです。

社内のコミュニケーションの改善の最初の一歩は、建設業の経営者が社員に会社の現状や理念、ビジョンなどを説明し、共有してもらう必要があります。
その上で、社員の考えや不満、やりたいことを経営者はしっかり把握しなければなりません。

お問い合わせボタン


※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 建設業許可申請サポートセンター All Rights Reserved.