福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

時間の浪費

無駄な会議や不要な資料

業績が芳しくない建設会社もその対策を考えているが、いたずらに長い会議をおこなったり、意味のない資料作成など、まとはずれなことやっている会社も多いようです。

たとえば、「経営計画」を作成している建設会社は少ないのです。作成している会社は、かなり経営意識が高いか、または
金融機関に提出するためボリュームはあるが、実効性の乏しいものを形式的に作成しています。

経営計画に必要なのは、経営方針がしっかり明記され、そのことを社員全員が共有していることです。
経営改善のための計画でたいせつなのは明確さであり、いたずらに冗長な文章を綴ったものではありません。
経営改善の要は、いかに建設会社の直面する問題の本質的な原因を確定し、社員に共有してもらい、実行にうつすかということです。

あやまった経費削減

コピー用紙の裏紙使い、電気をこま目に消す、午後8時以降の冷房カットなど経費削減を掲げてやっている会社が多いのですが、これらのマイナス面は無視されています。
コピー用紙の裏紙を使えば、表裏が区別できなくなるかもしれません。冷房カットで仕事すれば、効率は格段に落ちます。

このような経費削減では、最終的な建設会社の利益に繋がるとは考えにくいのです。

お問い合わせボタン


※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 建設業許可申請サポートセンター All Rights Reserved.