福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

組織改革

必ず現れる抵抗勢力

「必要粗利益額」を目標とすることは、建設会社が業績をアップするのに必須です。
さらにそのために「組織改革」を進めることも必須です。

建設会社としての「必要粗利益額」を定めたら全社的に目標に邁進したいところですが、必ず抵抗勢力が現われます。
彼らは、そんなに簡単に利益はでないと主張するのです。この勢力は、ほぼ管理職なのです。加えて、経営者は彼らの意見を尊重します。

必要粗利益額を獲得するためには、そのような抵抗勢力は排除しなければなりません。つまり、組織改革です。
これについては、経営者も強い拒否感を示します。しかし、これなくして、建設会社は前に進めないのです。

抵抗勢力は、業績不振を現場の責任したりします。しかし、彼らこそがコミュニケーションをしっかりとっておらず、建設現場への理解が欠如しているのです。

新しいリーダーを抜擢

組織改革の肝は、新しいリーダーを社内から抜擢することです。
会社というところには、優秀な人材が眠っているものです。日の目はみないが、実力のある人はいます。そのような人は、人望もあります。そして、そのような人を抜擢し、新組織のリーダーにするのです。それが、建設会社の成長に繋がるのです。

お問い合わせボタン


※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 建設業許可申請サポートセンター All Rights Reserved.