福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

Q9許可の有効期間と更新手続きとは何か?IN福岡

■「許可の有効期間と更新手続きとは何か」の回答は以下の通りです。

建設業許可 の有効期間は 「5年間」です。引き続き営業 を行う場合 は、期間満了の日の30日前までに更新の手続きをすることが必要となります。建設業許可の有効期間は、許可のあった日から5年目の許可があった 日に対応する日の前日までと規定されています 。

有効期間の満了の日が日曜日などの休日にあたっている場合でも 、その日をもって満了しますので、この点に留意してください。建設業許可を更新して引き続き営業する場合は 、期間の満了する日の30日前までに許可の更新の手続きをとることが必須です。

もし、手続きをとらないまま許可の有効期聞が経過した場合は 、許可の効力を失効してしまうので、改めて新規の許 可申請をしなければならなくなります。このような新規の申請になると 、たとえば、一般建設業許可の場合は更新時に不要で、ある財産的基礎または金銭的信用要件を満たしていることを証明する必要が生じて、その結果、すぐに許可を取り直すこのハードルが上がってしまいます。

更新の手続きをしても 、許可の有効期間の満了の日までに許可または不許可の処分がない場合がありますが、このような場合、従前の許可は有効期間の満了後もその処分がなされるまでの聞は有効とされます。

しかし、この場合、建設業法上は許可が有効であっても、発注者に許可通知書の写しを提出する際に説明を要するなどの問題が発生する可能性もあります。また、大臣許可の場合には、事務処理 が長びき、更新申請から許可通知書が手元にくるまで長期間かかる場合がありますので、 余裕をもって申請する必要があります。

ただし、更新書類の受付開始時期は都道府県主 課窓 口により異なりますので、確認するようにしてください 。

この場合、更新の申請は、それまでの期間に係る事業年度終了後の決算変更届などの変更屈が提出されていることが前提になります。変更屈の提出がなされていない状態で更新の時期がきた場合、対処する時間的余裕がなく、更新ができ なくなる可能性もあります。

また、都道府県によっては事業年度終了後の決算変更届を経営事項審査の受審要件とし、届出がない場合には経営事項審査が受けられないこともあるので、変更届を適正に提出することが重要なポイントです。

お問い合わせボタン


※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 建設業許可申請サポートセンター All Rights Reserved.