福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業許可申請サポートセンター

 050-3748-3603

[受付時間:平日9:00〜21:00]

許可取得を前提にした税務会計の手続きはどうするのか?

投稿日:

スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士」の光岡です。
このブログは、建設業に従事する皆様を応援していく一環として、綴って参ります。
多くの皆様に読んでいただければ、とてもうれしいです。

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
建設・不動産ランキング
建設・不動産ランキング
ポチッと押していただけると、ブログのモチベーションが超上がります!

■「許可取得を前提にした税務会計の手続きはどうするのか」の回答は以下の通りです。

許可申請時に添付する財務諸表は、国土交通省令に定められた様式により作成しますが、多くの申請者が、会計処理方法の違いによって科目の計上や仕訳などで間違いを起こしています。日頃から省令にもとづいた会計処理を行っておけば、許可取得後の諸子続きもスムーズに進みます。

税務申告についても同様に 、税理士などに相談して省令にもとづいた決算報告書で申告すれば、後の処理もずっとスムーズになります。特に公共工事の競争入札参加資格審査 申請を希望する場合は 、その事前手続きとして、経営事項審査を受けなければなりません。この経営事項審査の申請が、省令にもとづく会計処理の「申し子」といえます。

一般に 申請者の多くは、税法に対応した決算報告書を使用するため、省令にもとづく財務諸表を作成するとき、多くの組替えを余儀なくされます 。その結果、「当期利益」が欠損になったり、勘定科目の組替えによって経営事項審査の点数が大幅に変更になる場合があります。これは税務上の納税目的と会社法に準ずる建設業許可申請目 的の違いであり、基本である企業会計原則では許容されていることです。

このような事態を未然に防ぐためにも、申請者自身が省令にもとづく会計処理を十分に理解しておく必要があります。国土交通省は、建設業独特の会計処理に対応するため、「建設業経理土J などの建設業の経理に必要な知識を確認するための試験を実施し、普及に努めています 。試験は1級試験と 2級試験があり、経営事項審査の評点にも加算されます 。社内に最低 1人は「建設業 経理士」などを育成することが望まれます。

34
トップページはこちらをクリック↓
バナー

お問い合わせ

-

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2020 All Rights Reserved.