福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業許可申請サポートセンター

 050-3748-3603

[受付時間:平日9:00〜21:00]

建設現場の安全管理 統括安全衛生責任者の業務 

投稿日:

スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士」の光岡です。
このブログは、建設業に従事する皆様を応援していく一環として、綴って参ります。
多くの皆様に読んでいただければ、とてもうれしいです。

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
建設・不動産ランキング

統括安全衛生責任者とは

労働安全衛生法15条は、統括安全衛生責任者について以下のように規定しています。

特定元方事業者は、その労働者と関係請負人の労働者が同一の場所で作業することによって生ずる労働災害を防止するために統括安全衛生責任者を選任し、当該場所における安全衛生を統括管理させなければならない

通常、建設現場には様々な立場の労働者が働いています。
元請、一次下請け、二次下請けのように複雑で、業種も多様です。
従って、連絡・調整も大変で、課題の共有なども難しく、そこから事故が生じる可能性もあります。

そのような労働災害を回避するために、統括安全衛生責任者を置くようにしています

統括安全衛生責任者の業務

次のような業務があります。
①協議組織の設置及び運営
②作業間の連絡及び調整
③作業場所を巡視
④労働者の安全・衛生のための教育に対する指導及び援助
⑤仕事の工程、機械・設備等の配置に関する計画の作成及びこれらに関わる請負人が法令に基づき講ずべき措置についての指導
など

161-5-1
トップページはこちらをクリック↓
バナー

お問い合わせ

-

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2019 All Rights Reserved.