福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業許可申請サポートセンター

 050-3748-3603

[受付時間:平日9:00〜21:00]

「Chapter4 建設業の請負と紛争」 一覧

no image

建設業法の見積条件の提示

見積条件の提示 建設工事が確実に遂行されることが、施工主の利益を守ります。 工事関係者の間で条件等が不明瞭では、工事に関するトラブルを招き易くなります。 さらに、金銭面において、下請業者が適正な見積を ...

no image

建設業法の元請責任

建設業の元請の責任 元請人の基本的な責任 発注者から直接建設工事を請け負った特定建設業者(つまり元請人)は、下請負人に、法令遵守の指導をしなければなりません。 この法令の中心になるのは建設業法です。 ...

no image

建設業の元請人 下請負人 発注者 注文者

元請人 下請負人 発注者 注文者 ■元請人 建設業者であり、下請契約での注文者である者。 ■下請負人 下請契約における請負人となる者。 ■下請契約 「建設工事を他の者から請け負った建設業を営む者」と ...

no image

建設業と労働派遣法

労働派遣 労働派遣について、労働派遣法は次のように規定しています。 労働派遣法 第2条 第1号 労働者派遣 自己の雇用する労働者を、当該雇用関係の下に、かつ、他人の指揮命令を受けて、当該他人のために労 ...

no image

建設工事請負の標準請負契約約款

請負契約の問題点 建設工事の請負契約は、そもそも発注者と受注者の間で交わすものです。 しかし、 ①合意内容、合意形成が不十分、不正確の場合がある。 ②発注者と受注者の力関係に差があることが多い。 とい ...

no image

建設工事請負の注文書 請書

建設工事の注文書・請書 建設業法第19条で、 建設工事の請負契約の当事者は、契約の締結に際し、同条第1項各号に掲げられた事項を書面に記載し、署名又は記名押印をして相互に交付しなければならない と規定し ...

no image

建設業法上の建設工事請負契約書

建設業法においての建設工事請負契約書 建設業法では、契約の締結において14の事項を書面記載し、署名又は記名押印をして相互に交付しなければならないと規定しています。 第19条 1.建設工事の請負契約の当 ...

no image

建設業法へ該当する工事なのか

建設業に該当するか否かの判断が難しい工事 建設業許可における業種は、全部で29業種あります。 それぞれの業種の枠組みにすっきり収まるものはいいのですが、 なかには、建設業法においての建設工事なのか否か ...

no image

建設業許可の単価契約(建設業法の解釈)

建設業の単価契約と請負契約 建設業の契約方法のひとつに「単価契約」があります。 この単価契約は、建設業法上はどのように考えられているのでしょうか。 建設業法は以下のように規定しています。 建設業法第2 ...

no image

建設工事の請負

建設工事の請負となる対象 請負とは、民法上以下のように規定されます。 民法632条 第632条 請負は、当事者の一方がある仕事を完成することを約し、相手方がその仕事の結果に対してその報酬を支払うことを ...

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2020 All Rights Reserved.