福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業許可申請サポートセンター

 050-3748-3603

[受付時間:平日9:00〜21:00]

Chapter1 建設業法の目的 建設業許可と建設業法

建設業法の適用範囲

投稿日:

建設業法の対象

建設業法の適用対象はそもそもどのように規定されているのでしょうか。
基本的には、「建設工事の完成を請け負うことを営業とする者」が適用対象と規定されています。

建設業法第2条

具体的に建設業法第2条において、つぎのように規定されています。
1.この法律において「建設工事」とは、土木建築に関する工事で別表第一の上欄
に掲げるものをいう。
2.この法律において「建設業」とは、元請、下請その他いかなる名義をもってす
るかを問わず、建設工事の完成を請け負う営業をいう。
3.この法律において「建設業者」とは、第3条第1項の許可を受けて建設業を営む
者をいう。
4.この法律において「下請契約」とは、建設工事を他の者から請け負った建設業
を営む者と他の建設業を営む者との間で当該建設工事の全部又は一部について
締結される請負契約をいう。
5.この法律において「発注者」とは、建設工事(他の者から請け負ったものを除
く。)の注文者をいい、「元請負人」とは、下請契約における注文者で建設業
者であるものをいい、「下請負人」とは、下請契約における請負人をいう。

お問い合わせ

-Chapter1 建設業法の目的, 建設業許可と建設業法

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2019 All Rights Reserved.