福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業許可申請サポートセンター

 050-3748-3603

[受付時間:平日9:00〜21:00]

Chapter2 建設業法から見る許可制度 建設業許可と建設業法

建設業法が適用される業種

投稿日:

どのような業種が建設業法の対象か

建設業法の対象はどのような業種でしょうか。
建設業法では次のように規定しています。

建設業法第2条第1項

第2条
1.この法律において「建設工事」とは、土木建築に関する工事で別表第一の上欄に掲げるものをいう。

別表第一の内容は、リンクなどで確認してください。
大まかに言うと、建築一式工事と土木一式工事の2つの一式工事と、大工工事など27の工事が建設業法の対象です。

対象工事について定義があるわけですから、当然適用される工事、適用されない工事が存在します。

上記について、比較的話題にのぼるのは、「クレーン車のオペレータ付きリース」
です。オペレータの作業の目的が、「建設工事の完成」であれば、建設業法の対象となります。

お問い合わせ

-Chapter2 建設業法から見る許可制度, 建設業許可と建設業法

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2019 All Rights Reserved.