福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業許可申請サポートセンター

 050-3748-3603

[受付時間:平日9:00〜21:00]

Chapter2 建設業許可の証明書類 建設業許可等に関する情報

建設業許可における専任技術者の資格

更新日:

取得したい建設業許可に対応する資格がある

建設業許可の取得の要件のひとつに、「専任技術者を置くこと」が挙げられており、この専任技術者とは一定の技術資格や一定期間の実務経験がある人がなれる可能性を持っています。
取得したい建設業許可に対応する資格を持っている方が会社にいれば、手続き場の負荷は一番軽いと思われます。

取得したい建設業許可に対応する資格は、29業種のそれぞれにあります。
例えば、2級土木施工管理技士の場合だと、種別が3種あります。
土木なら、土木一式工事、とび・土木・コンクリート工事、石工事、鋼構造物工事、鋪装工事、しゅんせつ工事、水道施設工事、解体工事に対応します。
※解体工事について: 技術検定に係る資格は平成27年度までの合格者について、技術士試験に係る資格は当面の間、資格とは別に、解体工事に関する1年以上の実務経験を有している又は登録解体工事講習を受講していることが必要です。 上記いずれかの要件を満たさない場合は経過措置に該当し、※1と同様の取扱いとなります(2級建築施工管理技士(建築)については、平成28年6月1日時点において現にとび・土工工事業に係る有資格者ではないため、経過措置の適用はありません)。 [登録解体工事講習とは・・解体工事に関し必要な知識及び技術又は技能に関する講習であって国土交通大臣の登録を受けたものをいいます。

その他の業種等の詳細は、建設業許可取得のために必要な資格一覧を参照ください。

お問い合わせ

-Chapter2 建設業許可の証明書類, 建設業許可等に関する情報

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2018 All Rights Reserved.