福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業許可申請サポートセンター

 050-3748-3603

[受付時間:平日9:00〜21:00]

Chapter2 建設業許可申請書式の作成について 建設業許可について

建設業許可のための営業の沿革の書式

投稿日:

■営業の沿革の記載方法について

この書類は、建設業者としての申請者の歴史を記載します。許可申請者の略歴書(様式12号)では、個人事業主の場合、すでに申請者について詳細を記載しているわけですが、「営業の沿革」では、建設業者として事業を開始してからの歴史を記載することになります。

記載方法は次の通りです。
①建設業者として、事業を開始してから、現在に至るまでの記録を記載します。「創業」、「商号」をはじめ、「名称の変更」、「組織の変更」、「合併や分割」、「資本金額の変更」、「営業の休止や再開」などがあった場合、すべて記載します。また、創業の年月日は、事業を開始した日を記載します。ただし、個人事業から法人なりした場合は、個人事業の事業開始日を創業の年月日とします。

②建設業の最初の登録や、許可について記載します。許可を受けた工種や許可番号等も含めて、すべて詳細に記載します。

③刑法上のものに限らず、行政処分などを含めて、すべて記載します。該当がなければ、「なし」と記載します。

お問い合わせ

-Chapter2 建設業許可申請書式の作成について, 建設業許可について

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2017 All Rights Reserved.