福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

福岡の未来に向けてのインフラ再生

■迫り来る老朽化の波

「中央自動車道笹子トンネル天井板落下事故」を契機に、インフラ老朽化問題が浮上しました。福岡でも同様であり、この老朽化の波を回避することはできません。10年もすれば、建設後、半世紀を迎える道路橋が多く存在しています。

福岡県内における橋梁では、極めて数が多いため、一部の市町村においては、近接目視による点検のスキルが弱いところもあります。その対策として九州地方整備局で市町村職員に対して、知識向上、技能習得のレベルアップのための支援が開始されています。

さらに、国を中心に「道路メンテナンス会議」を設置し、適切な管理を推進していきます。全国、そして福岡で「インフラ長寿名化」が押し進められていくのです。

お問い合わせボタン


※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 建設業許可申請サポートセンター All Rights Reserved.