福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業許可申請サポートセンター

 050-3748-3603

[受付時間:平日9:00〜21:00]

Chapter2 福岡県筑後地区の建設業の皆様へ 各地域の建設業情報 

福岡県柳川市の建設業許可なら

更新日:

建設業許可申請は、5つの強みを持つ当センターにお任せください。

バナー

代表挨拶

当センター代表の光岡欣哉と申します。
福岡県柳川市の皆様、当サイトを検索で見つけていただきありがとうございます。私は、福岡・博多近郊を中心に様々なクライアント様のご要望に応えて、建設業許可申請の手続きの 代行・サポートをさせていただいております。ご自身で建設業許可を申請される場合、手引きを紐解いてみても、その内容は煩雑であり、お忙しい中、定められ様式の書類の準備をし、申請のため諸官庁に足を運ぶなど、建設・建築業の皆様にとっては大変なお手間となっていると思います。この手続きの手間が省ければ、その手間にかかるコストも削減でき、他の業務の効率もアップできます。
建設業許可申請を代行する行政書士の視点のみならず、経営コンサルティングの視点からも、ご依頼者の負担軽減に尽力したいと思い、「正確な書類作成 」、「煩雑な手続きの代行」、「迅速対応」、「明快な説明」、「丁寧な進捗」という強みを打ち出しています。

行政の考える建設業の課題

○新しい成長戦略と建設業界
■人口減少をふまえて人材育成・確保支援も柱に
国の予算編成や経済財政運営方針を 定めた「経済財政運営と改革の基本方針 2014骨太の方針」と、経済 成長への道筋と戦略の方向性を示した「日本再興戦略」(改訂 2014(新成長戦略)は、骨太の方針で示された方向性を新成長戦略で具体的事業に落とし込んだものです。そのため、経済再生・成長のための2つのエンジンと位置づけられています。

いずれにも共通しているのが、人口減少に対する危機意識と政府による人材育成・確保支援の姿勢を明確に表現しているところです。骨太の方針では、経済再生の進展と中長期の発展のための重要な課題として建設産業の人材不足を取り上げており、支援策の総合的推進を明記しています。職業能力評価制度構築による専門性や能力の可視化など、労働市場のインフラ整備を行うことを考えているのです。

かたや、新成長戦略でも建設産業をはじめとした人材不足分野に対し、雇用管理改善やマッチング対策、若者をはじめとした人材育成・確保に取り組むことを示したほか、女性活用の推進についても新たな法的枠組みの検討を明記 しました。女性活用を重要施策としているのは、結婚や子育てを理由に離職するなど、女性が継続的に活躍できる環境が未整備であり、環境を整備して女性活用が進めば、人材不足だけでなく将来の人口減少といった問題の解決にも寄与すると見込まれることが背景にあるのです。

柳川市データ

柳川市は、福岡県南部、筑後平野の西南端にあり、東経130°24′21″、北緯33°09′48″(市役所柳川庁舎)に位置しています。東西11km、南北12kmとなっており、北は大川市、大木町、筑後市、東はみやま市に接し、南は有明海に面しています。
また、県庁所在地の福岡市まで約50km、久留米市まで約20km、大牟田市まで約15kmの距離にあり、西鉄天神大牟田線などを利用した通勤・通学圏となっています。
柳川市の総面積は77.15平方kmで、地目別に見ると宅地が16.3%、農地が50.9%、その他の地目が32.8%となっています。
また、本市の大部分は、古くから開拓・干拓された大小規模の干拓地が魚鱗状に広がる海面干拓地帯です。標高は0~約6mの平坦な低地となっており、0°から3°の緩やかな傾斜で有明海に向かって広がっています。
有明海は干満差日本一で大潮時には6mに達し、干潮時には広大な干潟が現れます。
地層は砂、粘土、礫(れき)からなる沖積層で、表土以下10数メートルには、極めて軟弱で含水比の高い「有明粘土層」が分布しています。
柳川市公式ウェブサイト

本サイトのトップページはこちらをクリック↓
バナー

お問い合わせ

-Chapter2 福岡県筑後地区の建設業の皆様へ, 各地域の建設業情報 

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2019 All Rights Reserved.