福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業許可申請サポートセンター

 050-3748-3603

[受付時間:平日9:00〜21:00]

Chapter2 福岡県筑後地区の建設業の皆様へ 各地域の建設業情報 

福岡県朝倉市の建設業の皆様

更新日:

建設業許可申請は、5つの強みを持つ当センターにお任せください。

バナー

代表挨拶

当センター代表の光岡欣哉と申します。
福岡県朝倉市の皆様、当サイトを検索で見つけていただきありがとうございます。私は、福岡・博多近郊を中心に様々なクライアント様のご要望に応えて、建設業許可申請の手続きの 代行・サポートをさせていただいております。ご自身で建設業許可を申請される場合、手引きを紐解いてみても、その内容は煩雑であり、お忙しい中、定められ様式の書類の準備をし、申請のため諸官庁に足を運ぶなど、建設・建築業の皆様にとっては大変なお手間となっていると思います。この手続きの手間が省ければ、その手間にかかるコストも削減でき、他の業務の効率もアップできます。
建設業許可申請を代行する行政書士の視点のみならず、経営コンサルティングの視点からも、ご依頼者の負担軽減に尽力したいと思い、「正確な書類作成 」、「煩雑な手続きの代行」、「迅速対応」、「明快な説明」、「丁寧な進捗」という強みを打ち出しています。

行政の考える建設業の課題

国土強靭化基本計画〜建設業のビジネスチャンス

■建設業にも関わる「国・地方の強靭化施策」に中長期見通し
2013年 12月に公布・施行した「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靭化基本法」(国土強靭化基本法)にもとづき、政府は南海トラフ地震や首都直下地震など大規模災害によって「起きではならない最悪の事態」を45項目設定しました。

これらを未然に防ぐために実施する15分野の施策群ごとに必要な施策を提示されていますが、建設業に関わる施策も多岐に渡り、それぞれの施策の進捗状況 〈を重要業績評価指標(KPI)で示しました。この脆弱性評価をふまえ、政府は15年 6月、国土強靭化基本計画を閣議決定しました。

この基本計画の実行において、建設業界の力が必要です。また、この基本計画は防災や国土形成、社会資本整備など国土強靭化に関係するさまざまな計画の指針であり、5年に1度見直すこととしています。あわせて計画にのっとり毎年度、実施する施策をアクションプランとしてまとめました。

プランに載った施策を予算概算要求に盛り込むという流れになっています。建設産業にとっては、計画的・安定的な公共投資の確保など、将来を見通せる市場環境の形成につながると期待されています。さらに今後、都道府県 、市町村は国土強靭化地域計画を策定していきます。地域計画は国の基本計画と並列関係にあり、それぞれの地域に応じて国と同様のリスクシナリオの設定や脆弱性評価などの作業を都道府県 、市町村がそれぞれ独自に実施し、地域として実施すべき施策を盛り込んでいます。

本サイトのトップページはこちらをクリック↓
バナー

お問い合わせ

-Chapter2 福岡県筑後地区の建設業の皆様へ, 各地域の建設業情報 

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2017 All Rights Reserved.