福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業許可申請サポートセンター

 050-3748-3603

[受付時間:平日9:00〜21:00]

Chapter2 福岡県筑後地区の建設業の皆様へ 各地域の建設業情報 

福岡県大川市の建設業の皆様

更新日:

建設業許可申請は、5つの強みを持つ当センターにお任せください。

バナー

代表挨拶

当センター代表の光岡欣哉と申します。
福岡県大川市の皆様、当サイトを検索で見つけていただきありがとうございます。私は、福岡・博多近郊を中心に様々なクライアント様のご要望に応えて、建設業許可申請の手続きの 代行・サポートをさせていただいております。ご自身で建設業許可を申請される場合、手引きを紐解いてみても、その内容は煩雑であり、お忙しい中、定められ様式の書類の準備をし、申請のため諸官庁に足を運ぶなど、建設・建築業の皆様にとっては大変なお手間となっていると思います。この手続きの手間が省ければ、その手間にかかるコストも削減でき、他の業務の効率もアップできます。
建設業許可申請を代行する行政書士の視点のみならず、経営コンサルティングの視点からも、ご依頼者の負担軽減に尽力したいと思い、「正確な書類作成 」、「煩雑な手続きの代行」、「迅速対応」、「明快な説明」、「丁寧な進捗」という強みを打ち出しています。

行政の考える建設業の課題

○建設業界の力が必要〜国土の大規模計画
■「コンパクト+ネットワーク」をテーマに

人口減少や少子高齢化にともなう地域経済の危機や巨大災害への切迫性といった課題に対して、国土はどうあるべきなのか、そして建設業界に何ができるのでしょうか。

国交省は、2050年を視野に入れた日本のビジョンを描く「国土のグランドデザイン2050」をまとめました。テーマは「コンパクト+ネットワーク」です。都市をまとめるという「コンパクト化」と、道路や鉄道をはじめとする交通網で複数の都市聞をつなぐ「ネットワ —ク化」を前面に押し出しています。

まさに、建設業の力を発揮するべきテーマと言えます。この背景には、急激な人口減少で消滅の危機に瀕している自治体や地域経済の維持という緊急課題があります。地域経済の中核を担うサービス産業の維持には 、30万人程度の商圏が不可欠です。しかし、現実的にはすべての地域で30万人の商圏を確保するのは難しいのが実情です 。

この難題 に応えるのが、国交省が提唱する「攻めのコンパクト」なのです。医療や福祉、子育て支援、行政サービス、商業といった都市機能が集約された小さな拠点を複数構築し、公共交通などでそれらをつなぐのです。単に小さな拠点をつくり出すだけでなく、小さな拠点をネットワーク化して都市圏を広げていく発想と言えます 。これらの拠点の建設、交通網を充実させるための建設工事は必須です。

情報通信網を組み合わせて、人・モノ・情報の高密度な循環を実現していきます。単に効率化を図る守りの姿勢ではなく、攻めのコンパクトで生産性を高めていく国土構造の再構築を目指していきます。そして、その推進のためには、建設業界の力が必要なのです。

本サイトのトップページはこちらをクリック↓
バナー

お問い合わせ

-Chapter2 福岡県筑後地区の建設業の皆様へ, 各地域の建設業情報 

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2017 All Rights Reserved.