福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業許可申請サポートセンター

 050-3748-3603

[受付時間:平日9:00〜21:00]

Chapter2 福岡県筑後地区の建設業の皆様へ 各地域の建設業情報 

福岡県八女市の建設業の皆様

投稿日:

建設業許可申請は、5つの強みを持つ当センターにお任せください。

バナー

代表挨拶

当センター代表の光岡欣哉と申します。
福岡県八女市の皆様、当サイトを検索で見つけていただきありがとうございます。私は、福岡・博多近郊を中心に様々なクライアント様のご要望に応えて、建設業許可申請の手続きの 代行・サポートをさせていただいております。ご自身で建設業許可を申請される場合、手引きを紐解いてみても、その内容は煩雑であり、お忙しい中、定められ様式の書類の準備をし、申請のため諸官庁に足を運ぶなど、建設・建築業の皆様にとっては大変なお手間となっていると思います。この手続きの手間が省ければ、その手間にかかるコストも削減でき、他の業務の効率もアップできます。
建設業許可申請を代行する行政書士の視点のみならず、経営コンサルティングの視点からも、ご依頼者の負担軽減に尽力したいと思い、「正確な書類作成 」、「煩雑な手続きの代行」、「迅速対応」、「明快な説明」、「丁寧な進捗」という強みを打ち出しています。

行政の考える建設業の課題

○建設業の施工パッケージ型積算方式
■自治体に普及、取引の明確化に効果
建設業における施工パッケージ型積算方式の活用が全国の自治体で広がってきています。都道府県では 2015年度にかけて普及する見込みで、さらに、市町村レベルでの導入も進みつつある状況です。受発注者双方の負担軽減につながるとして、国の方式に追随する姿勢がみられます。

同方式では、直接建設工事費の積算に使用する機械経費、労務費、材料費をまとめ、施工単位ごとに必要となる歩掛を組み合わせて標準単価を決定します。このため、大幅に積算作業を簡素化できるほか、透明性の向上にも効果があるのです。国交省では12年10月から適用を開始しました 。

都道府県も13年ころから導入が進み、14年度はその作業が本格化しています。例えば、関東では神川県、群馬県、茨城県、千葉県が14年度から導入します。近畿では福井県 、兵庫県が13年度から導入に踏み切り、14年度は残る2府3県での導入が終わる見込みです。

地域の建設業界からは、技術者不足などにより自治体の積算能力が相対的に低い状況のなか、実態に見合った積算ができているか懸念の声もありました。同方式では、標準単価の設定にあたって直近数年間の単価の傾向などを把握することで実態との乖離をなくしているほか、地域に応じた単価を設定するための補正式を公開することで元下間の取引も明確化しています。国交省もこれらの点を説明し、普及を支援していきます。

本サイトのトップページはこちらをクリック↓
バナー

お問い合わせ

-Chapter2 福岡県筑後地区の建設業の皆様へ, 各地域の建設業情報 

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2017 All Rights Reserved.