福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業許可申請サポートセンター

 050-3748-3603

[受付時間:平日9:00〜21:00]

Chapter2 福岡県筑後地区の建設業の皆様へ 各地域の建設業情報 

福岡県うきは市の建設業の皆様

投稿日:

建設業許可申請は、5つの強みを持つ当センターにお任せください。

バナー

代表挨拶

当センター代表の光岡欣哉と申します。
福岡県うきは市の皆様、当サイトを検索で見つけていただきありがとうございます。私は、福岡・博多近郊を中心に様々なクライアント様のご要望に応えて、建設業許可申請の手続きの 代行・サポートをさせていただいております。ご自身で建設業許可を申請される場合、手引きを紐解いてみても、その内容は煩雑であり、お忙しい中、定められ様式の書類の準備をし、申請のため諸官庁に足を運ぶなど、建設・建築業の皆様にとっては大変なお手間となっていると思います。この手続きの手間が省ければ、その手間にかかるコストも削減でき、他の業務の効率もアップできます。
建設業許可申請を代行する行政書士の視点のみならず、経営コンサルティングの視点からも、ご依頼者の負担軽減に尽力したいと思い、「正確な書類作成 」、「煩雑な手続きの代行」、「迅速対応」、「明快な説明」、「丁寧な進捗」という強みを打ち出しています。

行政の考える建設業の課題

建設業の歩掛を改定
■とくに小規模工事の利潤確保に向けて
国交省は 2014年度から土木 工事積算基準を改定しました。土木工事標準歩掛で維持修繕工事に関する3工種の歩掛を新設するなど15工種で改定したほか、工事個所が点在する場合や小規模工事の状況に応じた間接工事費率の見直し、工事一時中止に伴う費用の算定方法の変更、13年10月に定めた復興歩掛の一部見直しが主な改定内容です。

施工現場の実態をより理解した基準とし、とくに小規模建設工事での適正な利潤の確保、入札不調・不落の防止などにつなげる狙いがあります。標準歩掛の改定では、インフラの老朽化対策を進めるため、橋梁補修関係の断面修復工、ひび割れ補修工、表面被覆工の3工種の歩掛を新設しました。

また、建設現場の実情にあわせた地盤改良用の歩掛として中層混合処理工を新設したほか、維持修繕に関する3工種や既存8工種の改定、建設機械等損料で約4000機種も改定したのです。

間接工事費の見直しでは、施工個所が点在する工事の範囲を変更するとともに、間接工事比率対象額の下限値を引き下げました。さらに、工事一時中止が発生した 際の費用の算定方法を見直し、現行の経費率から20% 割り増した方法に切り替えました。復興歩掛は土工の日当たり作業量の補正見直しなどを実施しています。実態を考慮した今回の改定について、建設産業界は一様に歓迎の姿勢を示しているようです。

本サイトのトップページはこちらをクリック↓
バナー

お問い合わせ

-Chapter2 福岡県筑後地区の建設業の皆様へ, 各地域の建設業情報 

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2017 All Rights Reserved.