福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業許可申請サポートセンター

 050-3748-3603

[受付時間:平日9:00〜21:00]

Chapter2 建設業許可の証明書類 建設業許可等に関する情報

建設業許可における請求書

投稿日:

専任技術者の実務証明書類としての請求書

建設業許可の取得の要件のひとつに、「専任技術者を置くこと」が挙げられています。
この専任技術者とは一定の技術資格や一定期間の実務経験がある人のことを指しています。

取得したい建設業許可に対応する資格を持っている方が会社にいれば、その方を「専任技術者」として置くことができるのです。
資格取得者がいなければ、実務経験を証明することで、専任技術者と認められます。

実務経験を証明する書類は次のものです。
○取得したい建設業許可の工事に関しての契約書
○取得したい建設業許可の工事に関しての発注書
○取得したい建設業許可の工事に関しての請求書の控え
取得したい建設業許可の工事に関する契約書があれば、その契約書で実務経験を証明することが可能です。
契約書がなければ、取得したい許可の工事に関して相手に請求した請求書の控えで実務経験を証明することが可能です。

ここで留意していただきたいのが、その証明期間についてです。
実務経験で証明する場合、10年間(120ヵ月)を上記の書類で証明しなければなりません。
120ヶ月の各月の書類計120枚が必要なケースと各年1枚の書類計10枚というように、都道府県で差異がありますので、地域を管轄する行政に確認するようにしてください。

お問い合わせ

-Chapter2 建設業許可の証明書類, 建設業許可等に関する情報

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2018 All Rights Reserved.