福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業許可申請サポートセンター

 050-3748-3603

[受付時間:平日9:00〜21:00]

Chapter9 建設業許可に関する新情報 建設業許可等に関する情報

建設業許可で社会的信用獲得

更新日:

建設業許可は必ず必要なのか

一般家庭の軽いリフォームや外壁塗装など、受注金額額500万円に満たない工事を専門的に請け負うならば、「建設業許可」を取得する必要もないと言えます。
いわゆる「軽微な工事」に特化する場合です。

建設業許可取得で信頼度が向上

しかし、軽微な工事をしっかりとこなしていけば、500万円以上の案件の依頼も入ってくる可能性があります。
その際、建設業許可を取得していないので受注を断るというのも残念です。

また、一般の依頼主さんも建設業者に依頼する際、「建設業許可の有無」は選択のポイントにされているケースも多いのではないでしょうか。
その理由は、「信頼度」です。

実際のところ、建設業許可の取得が「建設工事の技術や対応力」を担保するものではありません。
許可がなくとも「上手い職人さん」はもちろんいらっしゃいます。
しかし、複数の会社の技術を見比べるということは現実的に難しいので、許可があると信頼度が増すと思われる可能性が高いのではないでしょうか。

建設業者さんの声

(有)タナカ塗装工業の社長の声をご紹介します。

資格・許可もしっかり
塗り替えは「タナカ塗装工業」

外壁塗装の業者選びの際、保有資格や許可証に注目する人も多い。「請負代金が500万円以上の建設工事の場合、県知事らの許可(建設業許可証)がなければ施工できないと法律で定められています」と(有)タナカ塗装工業の田中宏幸社長。戸建塗り替えの相場は100〜200万円。裏を返せば戸建塗装の大半は許可なしでも施工できる。

建設業許可を受ける同社は中・大規模工事も行うほか、塗装技能士や施工管理技士等の国家資格を持つ従業員が在籍。「それが全てではありませんが、社会的信用に繋がる資格や許可があるかはポイントの一つ。業者選定に悩んだら気軽にお声がけを」と田中社長。

参照元 タウンニュース

お問い合わせ

-Chapter9 建設業許可に関する新情報, 建設業許可等に関する情報

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2022 All Rights Reserved.