福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業許可申請サポートセンター

 050-3748-3603

[受付時間:平日9:00〜21:00]

Chapter2 建設業法から見る許可制度 建設業許可と建設業法

労働基準法違反と許可の取消

投稿日:

欠格要件に該当する「強制労働の禁止」、「中間搾取の排除」への觝触

労働基準法第5条は次のように規定しています。

第5条
使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によって、労働者の意思に反して労働を強制してはならない。

また、労働基準法第6条は次のように規定しています。

第6条
何人も、法律に基いて許される場合の外、業として他人の就業に介入して利益を得てはならない。

上記の労働基準法第5条の強制労働の禁止、第6条の中間搾取の排除に違反し、罰金刑以上の刑を受けた場合は、欠格要件に觝触し、建設業許可は取消となります。

欠格要件に該当する「労働時間」、「休憩・休日」の規定への觝触

「労働時間」、「休憩・休日」の規定への觝触は、禁固刑以上の刑を処せられた場合、建設業許可は取消となります。

参考として、労働基準法第32条を記載しておきます。

第32条
1.使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。
2.使用者は、一週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き一日について八時間を超えて、労働させてはならない。
お問い合わせ

-Chapter2 建設業法から見る許可制度, 建設業許可と建設業法

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2019 All Rights Reserved.