福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業許可申請サポートセンター

 050-3748-3603

[受付時間:平日9:00〜21:00]

Chapter1 福岡県筑前地区の建設業の皆様へ 各地域の建設業情報 

福岡県古賀市の建設業の皆様

更新日:

建設業許可申請は、5つの強みを持つ当センターにお任せください。

バナー

代表挨拶

当センター代表の光岡欣哉と申します。
福岡県古賀市の皆様、当サイトを検索で見つけていただきありがとうございます。私は、福岡・博多近郊を中心に様々なクライアント様のご要望に応えて、建設業許可申請の手続きの 代行・サポートをさせていただいております。ご自身で建設業許可を申請される場合、手引きを紐解いてみても、その内容は煩雑であり、お忙しい中、定められ様式の書類の準備をし、申請のため諸官庁に足を運ぶなど、建設・建築業の皆様にとっては大変なお手間となっていると思います。この手続きの手間が省ければ、その手間にかかるコストも削減でき、他の業務の効率もアップできます。
建設業許可申請を代行する行政書士の視点のみならず、経営コンサルティングの視点からも、ご依頼者の負担軽減に尽力したいと思い、「正確な書類作成 」、「煩雑な手続きの代行」、「迅速対応」、「明快な説明」、「丁寧な進捗」という強みを打ち出しています。

行政の考える建設業の課題

○多様な入札契約方式
■改正法の理念を具現化するためのツール
改正法に位置づけられた多様な入札契約方式の導入・活用。地方公共団体などの各発注者は 、公共建設工事の性格や地域の実情に合わせて、多様な入札契約方式のなかから、適切な方式を選択し、またはそれらを組み合わせることが可能になりました。産業の中長期的な担い手の育成・確保や行き過ぎた価格競争の是正、地域のインフラメンテナンス、発注者側のマンパワー不足といった公共事業を取巻くさまざまな課題解決にも役立ちます。発注者の責務として明確に規定された、受注者が適正な利潤を確保できる予定価格の設定や 最低制限価格 や低入札価格調査基準の導入なによるダンピングの防止は、担い手の育成・確保といった建設産業にとっての適正なサイクルを取り戻させることが大きな問題となります。

そのためのツールが多様な入札契約方式の導入ということになります。多様な入札契約方式の例として、技術提案交渉方式や段階的選抜方式のほか、複数年契約や一括発注、共同受注といった地域の社会資本の維持管理に資する方式があげられるでしょう。技術提案交渉方式は、民間のノウハウや技術力を効果的に活用しながら、受注者にと っては、実際に工事に必要とされる価格で契約できるものになるのです。

例えば、高度な建設技術や建設工法が必要な場合など、発注者が予定価格や仕様を明確に確定できないケースでの採用が想定されます。発注者は技術提案を公募して、その提案内容を審査し、最も適切な 者と工法や価格などについて交渉したうえで予定価格を設定、見積もり合わせによって受注者を決定する流れとなります。価格交渉をふまえて予定価格を決めるかたちができれば、懸案だった予定価格の上限拘束性に風穴を開けることになるわけです。

一方、段階的選抜方式は、技術提案に必要な応札 建設企業の費用面での負担や、審査する発注者側の事務手続きの負担を軽減する仕組みと言えます 。段階的に一定数応礼企業絞り込んだうえで、最終提案によって落札者を決めるため、受発注者双方にとってメリットは大きいのです。この方式はすでに海外で導入されています。また、小規模での発注が多く採算性の低かった道路の維持修繕など、維持管理に関する工事での採用が期待されるのが、地域の社会資本の維持管理に資する方式です。単年度ではなく、複数年にわたって契約する複数年契約や、単年度契約であってもそれらの複数工事や工区を一括して発注する一括発注、事業共同組合やJVによる共同受注など、地元に精通した中小建設企業に安定的な受注をもたらすものです 。

本サイトのトップページはこちらをクリック↓
バナー

お問い合わせ

-Chapter1 福岡県筑前地区の建設業の皆様へ, 各地域の建設業情報 

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2017 All Rights Reserved.