福岡の支援・代行 建設業許可申請サポートセンター

建設業許可申請サポートセンター

 050-3748-3603

[受付時間:平日9:00〜21:00]

Chapter5 建設業許可の個別ケース 建設業許可等に関する情報

建設業許可 個人での取得

更新日:

■建設業許可を個人で取得する一例

建設業許可の申請者は、法人か個人です。
個人で申請する一例をあげてみます。

○個人事業主一人で営業している
①個人事業主である本人のみで仕事をしている。
②個人事業主に6年以上の「個人事業主としての経営経験」がある。
③個人事業主が「2級建築士」の資格を保有している
④県知事許可、一般許可で屋根工事と内装仕上工事の2つの許可を取得したい。
⑤営業所は、本店のみ
このケースで、「経営業務の管理責任者」、「専任技術者」について考えてみます。

○経営業務の管理責任者

個人事業主ひとりしかいないので、個人事業主が経営業務の管理責任者になるしかないです。
今回は、6年以上の「個人事業主としての経営経験」があるのでクリアできそうです。
証明書類として、個人事業主6年以上に期間「確定申告書」、及び同じ期間中の
各年の「契約書・注文書・請求書の控え」を用意する必要があります。
さらに、常勤証明として「健康保険被保険証」の写しを準備します。

○専任技術者

これも個人事業主ひとりしかいないので、個人事業主が専任技術者になります。
今回は、「2級建築士」の資格を保有しているので、屋根工事内装仕上工事の両方に対応する資格です。資格があるので、この点は準備が容易です。
証明書類は、「2級建築士の免許証」を準備します。
さらに、常勤証明として経営業務の管理責任者の「健康保険被保険証」の写しを流用します。

上記が、建設業許可の申請手続きとしての最優先事項です。

これらを押さえた上で、丁寧に準備書類、作成書類を用意します。

お問い合わせ

-Chapter5 建設業許可の個別ケース, 建設業許可等に関する情報

Copyright© 建設業許可申請サポートセンター , 2020 All Rights Reserved.